ゆ〜みんさん撮影体験談

モデルさんになりました!

こんにちは、くぼゆみ です。

女子活をするようになって、これまで自撮りなんてしなかった私が、自撮りを沢山撮るようになりました。

自撮り棒も買って活用しています。

たくさん撮る事で、自分が今、どんな表情をしているのかが、鏡を見なくてもある程度は分かるようになってきました。

それに、撮り始めの頃は、表情をキープして笑顔を続けようとすると、顔の筋肉がピクピク、プルプルしちゃったり、という事もありましたが、最近は、ピクプルしなくなりました(^ ^)

結局は、表情筋も筋肉なので、使い続ければ鍛えられてくるということなのかもしれませんね。

顔の筋トレみたいなものでしょうか。

自撮りを沢山撮っていて、最近、思うのが同じような写真ばかりだなぁ〜という事。

たくさん撮っているので良い表情は、出来るようになってきたかな〜と思うものの、腕を伸ばして撮れるポーズはパターン化されてしまってどうしても似た写真ばかりです。

自撮り棒を使うと少しは変化も出るけれど、大きくは変わりません。

そんな事を思っている時、お友達とお出かけしてた時に、プロのカメラマンに撮ってもらったというお話を聞かせてもらい、とても興味が湧きました。

人に撮影してもらうのは、これまでも、女装サロンで経験しています。

だから、ある程度は、ポージングや表情を意識して撮ってもらう経験はあるのですが、プロカメラマンさんに撮っていただけるという事は、当然未経験です。

女装サロンは、フォトスタジオという側面もあるし、お金を払って写真を撮影してもらうという事は、プロに撮ってもらった、という事になるとは思うのですが、ここで言っているプロカメラマンとは、ポートレイト撮影のプロの事。例えばファッションモデルや女優さんやアイドルの写真を撮影する事を日頃のお仕事とされてるプロの方を意味しています。

そんな方に撮っていただくのって、自分が撮られる立場、つまり、モデルや女優さんにならない限り有り得ないと思っていました。

お話してくれたお友達によるとそれが、可能だというのです!

うわ〜素敵\(^^)/私も撮ってもらいたいなぁ~と話すと、できるよ、との話。

え、どこで撮ってもらえるの?

と、教えてもらいました(^.^)

六本木にあるセレブレディという所。

ここは、女装をする人に向けてレンタルロッカーやレンタル衣装などのサービスをしている所なんですが、外ロケ撮影スタジオというプロカメラマンにポートレイトを撮ってもらえるサービスを提供しているとの事なのです。

六本木にあるセレブレディ外ロケ撮影コース

そんな素敵な体験ができると聞いて、早速、予約してみようと思いました。自撮りのマンネリ状態から、モデル気分を味わえて、素敵な写真を撮ってもらえる状態へ。

楽しみすぎます~\(^^)/しかも場所は、オシャレな六本木の街で、さらに今の季節は、イルミネーションもある夜の撮影で、綺麗な写真を撮ってもらえるなんて。

ウキウキ、ワクワクです。

当日は、はじめてセレブレディにうかがうということで、少し緊張しつつ、約束時間に六本木駅から向かいました。

不慣れな土地のため、Googleマップを頼りに駅からの道を進んで行くと、到着しました、の案内…あれ?目的の建物の名前と違う?

周りを見回したものの、見つからず…お電話してしまいました。

どの辺ですか?何が見えます?と聞かれ、ご説明すると、隣の建物の前に立っていますね、との事…^_^;(汗)

スタッフさんに迎えに来ていただいて、ご案内いただけて、無事に到着です(^ ^)

そんな、柔軟な対応と心遣いで、緊張もほぐれ、無事に到着。

お迎えいただけて、感謝感謝です。

到着後は、まずは皆様にご挨拶。

オーナーさんはじめ、カメラマンさん、スタッフさん みなさんが、

とても親しみやすくて、気さくな方で、すぐに打ち解けることが出来ました。

撮影準備に化粧直しのスペースを使わせていただけたから、それも嬉しかったです。

ではでは、準備が完了したので、撮影に出発です。

この日は、寒~い風が吹きすさぶ夜の撮影。

六本木はビルが多く、ビル風も相まって、とても寒〜い夜でした(~_~;)到着前に駅から歩いてくる時に、この風で撮影大丈夫かしらと不安になってました。

寒さと風による髪やお洋服の乱れ、それに、表情も寒い寒いって感じに自分がなってしまうのでは?という心配も。

でも、撮影場所に移動しながら、オーナーさん、カメラマンさん、スタッフさんとお話しながら、なんか撮影ロケ班チームになったような感覚になっちゃいました。

そんな良い雰囲気が撮影前にできたお陰で、いざ、撮り始める頃には、頑張って綺麗に撮ってもらいたい!って気持ちで、ワクワクしてきて、風になんて負けないわっていう気持ちになってました(^^♪

撮影中は、オーナーさんが私の髪を気にしてくれたり、撮るときだけでも、コート脱ぎたいと思った私の希望に合わせて、コートをさっと預かっていただけたり、撮り終わるとすぐにコートを肩にかけてくれたり。嬉しい心配り(^.^)

それに、そういう対応をしていただけたので、私が主役❣という気持ちになって、モデルさんの気分になれて、自分でも不思議なくらい自信を持ってカメラのレンズを見つめて微笑んだりポーズを考えたり出来ました。

実際にプロカメラマンの撮影を経験して、凄いなぁ~って感じたのは、さりげなく数枚試しにカメラ構えて構図をとっただけで、すぐ撮影開始します。

そうして撮れた写真が、どれもみんな素敵なイメージで、撮れている、というところ!これぞ、プロの腕前って印象でした。

女装サロンのスタッフさんに撮ってもらった経験では、どちらかというと、全体の景観よりも、写される女装さんだけに注目して撮ってもらってる感じかなと思うので、写真全体として綺麗かどうか?という点で、プロの写真は、全く別次元に綺麗で構図がバランスされていて、ひとつの作品になっているところが素晴らしいし、撮ってもらったこちらも嬉しいと感じた1番の違いでした。

途中、喫茶店で、冷えたからだを温めながらも、写真も撮ってもらえるというサプライズで嬉しい展開もあり、

雰囲気出しのために、スタッフさんと語らいながらの風景を切り取るので、お話していてください、と言われそんなシチュエーションでの撮影もしていただきました。

それもいい雰囲気でした。

スタッフさんとおしゃべりして写真を撮られるのは、ちょっと照れてしいましたけど…笑

撮影を終えて、初めてのプロ体験は、とっても楽しくて、寒くて、でも嬉しい。

そんな素敵な時間を過ごしました。

さぁ、それでは、お待ちかねのプロ撮影写真をご紹介しますね。

今までの自撮りとは、一線を画した作品、と呼べる素晴らしい写真達です。

自分でも、今回の写真で頑張れば綺麗になれる♪と、ちょっと自信が持てました。

kuboyumi 1
kuboyumi 2
kuboyumi 3
kuboyumi 4
kuboyumi 5
kuboyumi 6
kuboyumi 7
kuboyumi 8

いかがでしたか?

一枚目の写真は、今回、私の一番のお気に入りです。

モデルさんのような写真(^^♪

他の写真も、雰囲気がいつもの私と違っていて色々な表情が切り取られていて、自分でも、意外性があって、驚くと共に嬉しいなぁって思っています。

プロカメラマンさんの写真は、ひと味もふた味も違う!という事を実感した今回の体験でした。

モデル気分になれる この体験は、病みつきになりそうです ^_^;

ゆ〜みんさんのブログはこちら